コラム インプラント

2012年6月28日 木曜日

インプラント治療を行いたいのだが骨が薄いと言われ断られた方

このお話は近年特に増えているようです。それもインプラント治療が大いに普及し、我々歯科医師も様々な手法を施し、骨を増やしたり・歯肉の厚みを増したりし、患者様へインプラント治療を提供している結果、今までは不可能であったケースも可能になる確率がかなり高くなってきていることにより、多くのHPや書籍でこれらのことが触れられているからと考えます。
 当センターでも、上顎に対するサイナスリフト・ソケットリフト、下顎に対する水平的・垂直的骨増大などフィクスチャー(インプラント)を受け入れる側の環境を整え、治療を行っております。

 私も最初はこれらのケースに対して自分の技量に自信がなく、Dr.クリターソンをはじめ多くの口腔外科医に学び、現在やっと確信的なものをつかんできたような感じです。
 本来であれば、これらの処置は、大学病院にお任せすべきことなのかもしれませんが、患者様が私に何を期待しているのか?今後一生付き合っていける歯科医になる為には、私もこれらの技術の修得に研鑽すべきと考えました。
 とわかりにくいですが・・・
 つまり、これらの処置は、大きな志を持ちしっかり研鑽を積んだ歯科医も元で行うことをお勧めしておりますし、骨移植を必要としない症例よりも、よりシビアでリスクもあることを私は常にお話しております。