ホーム > インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

一口にインプラント治療といっても、最終的にインプラントがお口の中で機能できるまでは、大別しますと2つの処理が必要です。

インプラント治療に必要な2つの処理
  • インプラントを顎骨内に植立する
  • インプラントが骨と結合するのを待って実際に機能できるように補綴物を入れる

また、インプラントは実際にお口のなかで機能できるようになるには、3つの構造物がなければなりません。

インプラント治療に必要な3つの構造物

インプラント治療のスケジュール

カウンセリング

インプラントとは何か。ご自身の歯が何故失われたか。歯周病についてご説明致します。
入れ歯やブリッジとの比較の説明、簡単な治療の手順をお話しします。

診査・診断

問診、触診、レントゲン写真、お口の中の模型、お口の中の写真を参考にして、インプラント治療が可能かどうか、治療の進め方をどうするか分析した後、ご説明致します。(治療例)

インプラント埋入前の処置
  • お口の中の清掃の徹底(ブラッシング指導)
  • 残っている治療(歯周病治療、虫歯の治療など)
  • 診断した結果、インプラント治療を行う上で補助的な手術が必要となった場合には、骨移植による骨造成「GBR
  • 上顎洞底挙上術「サイナスリフト
  • 顎堤増大術

を行います。その後2次手術までは4~6ヶ月待ちます。
※ただし、上記はインプラント埋入と同時に行うこともあります。

1次手術(インプラント埋入手術)
上顎 約6ヶ月そのまま安静にします インプラント埋入手術
インプラント埋入手術
下顎 約3ヶ月そのまま安静にします

※手術時間は本数により異なりますが、およそ90~150分です。

2次手術(頭出し手術)
頭出し手術

頭出し手術
1次手術後一定期間経過した後、頭出し手術を行います。
これは1次手術と違って歯肉を少し切開するだけですので、痛みはほとんどございません。
※手術時間は約30分です

アバットメント交換

アバットメント交換
その後1週間ぐらいたってからアバットメントを装着します。アバットメントと歯の土台となるものです。

6.上部構造製作
上部構造製作
メンテナンス

1ヶ月、3ヶ月、7ヶ月

※メンテナンスの期間は患者さんのお口の中の状況により異なります。
※その後、年に3~4回のご来院をお願いしております。
※当院は10年間の保証期間を設けております。