ホーム > 歯を失ってお悩みの方へ

歯を失ってお悩みの方へ

歯を失ってお悩みの方へ

歯を失ってお悩みの方へ

人は永久歯を失ってしまうと、もう二度と歯が生え替わってくることはありません。そのためこれまでは「入れ歯」や「ブリッジ」などで対応するほかに失ったもの歯を補う方法はありませんでした。
しかし「入れ歯」だと、発音がうまくできない、固いものもうまく噛めない、長く使っている間に合わなくなるといった問題があります。ブリッジでも支える両サイドの歯が虫歯になって結局「入れ歯」になってしまう可能性があります。

そこで歯を失ってお困りの方・お悩みの方へ、「インプラント治療」という新しい治療法をご案内します。

歯を失うとどうなる?

歯を失うとどうなる?

歯を1本でも失うと、歯以外にも様々なものを失うことに気づくと思います。
○ 自然に微笑むことが出来なくなって、常に口元が気になってしまう・・・
○ 好みのものが思いっきり噛めなくなる・・・
○ 残っている歯にも違和感を覚える・・・
○ 頭痛や肩こりなどに悩まされる・・・
○ しっかり、 はっきりしゃべれなくなることがある・・・

歯を失ったことによる影響は人それぞれであり、それは具体的にどの部分の歯を失ったかによってもまちまちだち思います。歯冠だけ を失った場合であれば歯の見える部分だけの問題ですが、歯根も失った場合は、歯の見えない部分もなくしたことになります。※歯根は歯を頸骨に固定 し、歯冠を支える重要なところです。

歯根までなくなると、失った歯の周りの骨は徐々にやせていってしまいます。すると残っている健康な歯が動いてきて、やがてしっかりと噛むことが出来なくなる恐れも出てきます。

歯冠を元通りにする方法はいくつかございますが、歯冠と歯根という歯全体を失うとなると、インプラント治療だけが唯一の失った歯を再生させる方法となります。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

失った自分の歯のところへ、人工の歯根(フィクスチャー)を埋め込み、さらにその上に人工の歯(アバットメントと上部構造)を合わせ、噛み合わせの機能を回復する治療法です。顎の骨に埋め込み固定式であるため、ガタガタしたりすることもなく、まるで自分の歯のように噛むことがでくきるようになります。

インプラント体へ結合させる土台(アバットメント)

インプラント体へ結合させる土台(アバットメント)

アバットメントは上部構造(インプラントの上に付ける歯)を装着し支えるための「首」のような役割を果たします。

インプラント治療は誰でもできる?

実は、インプラント治療は患者さんが思っている以上に難しい治療ではなく、いくつかある条件さえクリアできれば、大多数の方は治療可能なのです。その条件とは、年齢ご病気といった全身状態についてです。
その他、お口の中の状態(虫歯、歯周病、かみ合わせ)など、治療にあたって注意すべきポイントがあります。

適応年令

適応年齢は、骨の成表発育が活発な思春期(男性22才・女性20才ぐらい)までは骨成表の安定を観察しながら治療を開始する必要があります。一方で上限の年齢は基本的にありません。
 

全身的なご病気

高血圧、糖尿病、心疾患、骨粗しょう症等に該当する方には、インプラント治療を行う際に注意が必要です。
高血圧と心疾患については、通常の抜歯等の外科的術と同じように注意が必要となりますが、現在通院中であったり過去に通院の経験がある場合は、まず主治医の先生にインプラント治療が可能かどうか相談してください。
重い症状でなく、手術前からきちんと管理ができていれば比較的安全に治療は行えます。

糖尿病患者の方は免疫の細胞が妨げられ、感染に対する抵抗性及び治療の際の傷口の治癒能力の低下が見られます。しかし、糖尿病の患者さんであっても血糖値の管理がされていれば、抗生物質と術後の経過観察で、普通の方と同様に治療が可能です。

当センターでは、内科、口腔外科、麻酔科のそれぞれの医師と連携を密にし、万全の体制で治療に臨んでいます。
 

骨粗しょう症

インプラント治療は顎の骨にチタンを埋め込む治療ですので、骨粗しょう症によって影響を受けることもあります。しかし、主治医の先生に診てみらって、骨量が一定の数値をクリアできればインプラント治療は可能です。
 

歯ぎしり

歯ぎしりはインプラント治療自体にだけでなく、残っている歯にも悪影響を及ぼします。歯ぎしりをしてしまう方は、正しいかみ合わせとマウスピースの装着によって、可能な限り歯に対するストレスを無くしたほうがいいです。
 

その他

その他のご病気としましては、甲状腺機能障害、呼吸器疾患(気管支喘息など)、腎疾患、血液疾患重度の肝疾患などが挙げられます。
患者さまの症状や状況、状態に応じて主治医、内科医の診断の下、インプラント治療を行う必要があります。
 

喫煙について

喫煙について

喫煙については、インプラント治療を行う前に十分考えて頂きたくところであり、できれば控えていただきたい程です。
健康な人の歯肉(歯ぐき)は、淡いピンク色の組織でできています。しかし喫煙者のそれは、白い紫がかったピンクや黒っぽいピンク色になってしまっています。これは、喫煙によって血管が収縮し、血統を低下させることで組織に十分な栄養が行きわたらなくなっているためです。歯ぐきや口の中を健康な状態を保つにはそれだけの血流が必要なのです。

喫煙は、歯周病になりやすかったり、インプラント治療を行った際には、粘膜(歯肉)のなおりが遅くなることや、インプラント周囲の骨が十分に得られなかったり、炎症が起こることが予想されます。タバコにより必ずしもインプラント治療が不可能というわけではないですが、インプラントの長い安定を考えるには、喫煙されている方は考えてみてはいかがでしょうか?

インプラントに取り付ける歯

インプラントに取り付ける歯

インプラントの上部構造(人工の歯)は審美的要素、機能的な点から大きく分けてセラミック、ハイブリットセラミック、ゴールド冠(金歯)にわけられます。ここでは、インプラント治療の部位ごとにご説明したいとおもいます。

前歯

笑ったときに一番よく見える歯なので、とても見た目が要求されます。そのため、上部構造も金属の被せ物の上に白い材料を焼き付けます。当然、色は周囲の色調に合わせて決めます。金属の上に焼き付ける材料としてセラミックとハイブリットセラミックがあります。

セラミック
いわゆる瀬戸物などで見られる陶材で、色の変色も少なく透明感がありますので、より天然の歯に近く自然な色を作れます。また耐久性も優れ、歯肉への親和性も優れていますので自然な感じで仕上げることができます。

ハイブリットセラミック
セラミックとプラスチックの混合物で色は白い歯になりますが、セラミックに比べ変色しやすく時間がたつと自然な感じがなくなってくることがあります。

奥歯

奥歯はかみ合わせで非常に重要な歯です。前歯で噛み切った食べ物を消化しやすいように粉砕することや、噛んだ力をしっかりとうける重要な役割があります。
この部分を天然歯の変わりにインプラントで機能させるわけですから、人工の歯の選択とかみ合わせの調整は慎重に行う必要があります。
奥歯は審美的な色調はあまり要求されませんので、ファーストチョイスはハイブリットセラミックと考えます。それはセラミックだと色調の面では優れていますが、噛み合わせの面を陶材で覆うので、噛んだ感じが硬くなり、正確な噛み合わせのバランスが取りにくいという欠点があります。その点ハイブリットセラミックはプラスチックが成分に含まれているため、セラミックと比べかみ合わせの圧をやわらげる柔軟性を持っているので奥歯には適していると言えます。
また、金属の上に焼き付けなくて、純粋に金属のみで冠を装着することも奥歯では可能です。その利点は金属単体のほうが、噛む面を作りやすく、費用も安くすませられるところにあるとおもいます。