ホーム > インプラント治療成功の秘訣

インプラント治療成功の秘訣

インプラント治療成功の秘訣

インプラント治療は、1950年代、スウェーデンゲッツバーグ大学のブローネマルク教授が、現在のインプラント治療の基本的概念の骨がインプラントと直接結合するオッセオインテグレーションを発見して40数年が経ちます。その間様々な問題点を解決し、現在ではかなり高い安定性を確立していると考えます。

ここで、インプラント治療の成功(安定)の秘訣を考えてみたいと思います。

インプラント専用オペ室、手術器具

インプラント治療の失敗の原因のひとつに手術中の感染が考えられます。
そのようなことが起こらないためにも当然のことながら十分留意が必要となります。
当センターでは、インプラント専用オペ室にて手術を進めております。また手術の際に出血した血液による感染を防ぐ目的で専用の吸引器を使用し1回の手術ごと使いすてするようにしております。

インプラント治療が可能かどうか診断力が大事

患者さんとのカウンセリング、問診時に十分な診断が必要となります。
診断とはインプラント治療部位の局所の解剖や患者さんの全身状態の把握とくに糖尿病、高血圧、喫煙など注意し、内科医との連携を密にしておく必要があります。

他科の先生といかに連携をとるか

インプラント治療を行う上で内科医、口腔外科医、矯正医、麻酔科医とスクラムを組んで行っていくことが必要と考えます。
当センターでは、

  • 内科医 (薬師堂診療所、慶応義塾大学病院)
  • 口腔外科医(目白添野歯科、慶応義塾大学病院、東京医大)
  • 矯正医 (KAZ矯正歯科)
  • 歯周病認定医 (雑司ヶ谷デンタルクリニック)
  • 麻酔科医 (日本歯科大学)

の協力のもと治療をおこなっております。

素早く、確実に手術を行う

手術時間が長くなるとそれだけ治療部位への侵襲が大きくなります。できるだけ簡単に素早く手術を行うことが重要になります。

定期検診を行うこと

インプラント治療は噛めるようになったら終わりではありません。インプラントを長く安定して使用していくためには必ず主治医のもとで検診をおこなうことが重要とおもいます。
歯周病、虫歯の管理を行っておかないと、せっかくうまくいっているインプラントもだめになってしまう可能性もあります。

何でも話せる主治医を選ぶ

意外とインプラント治療をおこなった,もしくは治療途中の患者さんで主治医に意見を聞けず私の診療所に相談にいらっしゃる方が多いことに気づきました。
このような現状ですと、未然に防げるトラブルの解消もできず、何しろ患者さんにストレスがかかりすぎると思います。
ですから、インプラント治療を希望され歯科医院を探す中で、治療実績はもちろんのこと、気さくで何でも相談できる主治医を選択するべきと考えます。
また、主治医以外の歯科医師の話を聞くいわゆるセカンドオピニオンも重要と考えます。

インプラント専用オペ室

医療用エアーバリアシステム

医療用エアーバリアシステム
(クリーンエリア)

滅菌済の手術器具

滅菌済の手術器具

麻酔科医と連携

麻酔科医と連携

麻酔科医と連携

麻酔科医と連携

専門歯科医、麻酔科医、歯科衛生士によるインプラント・オペチームを組み、迅速安全な治療を行います。

専門歯科医、麻酔科医、歯科衛生士によるインプラント・オペチームを組み、迅速安全な治療を行います。

恐怖心の強い方へ(静脈内鎮静法)

恐怖心の強い方へ(静脈内鎮静法)

静脈内鎮静法は、全身麻酔とは違い患者さんは術中にも意識はありますが、実際には2時間程度の手術でも30分位で終了したように感じる非常に有効な方法です。
静脈内に鎮静剤や鎮痛剤を投与することにより、術中の痛みや恐怖心などが無くなり、術後の腫れや痛みも少なくなります。
心電図モニターを使用し手術中の全身コントロールもできますので、安心してご利用いただけます。